電子レンジがない場合のあずきアイピローを温める方法

Zuci Handicraft代表の岩本です。

電子レンジで30秒温めることで目の疲れを癒すことのできる*あずきアイピロー*
ですが、「我が家には電子レンジがないの…」という方も近頃は多いのではないでしょうか?

そこで!
電子レンジがなくても、あずきアイピローをホカホカに温められる方法をご紹介いたします!

用意するのは、蒸し器とジップロック。
ここで注意していただきたいのは、ジップロックやフリーザーバッグには商品によって耐熱温度が異なります。
耐熱温度が表示されておらず耐冷温度のみ表示されているものの使用は避けてください。
また、耐熱温度も70度や100度と商品によって様々です。
耐熱温度以上の熱を加えてしまうとビニールが解けてしまいますので、必ず耐熱温度100度のものを使用してください。
(私はダイソーで耐熱温度100度のジップロックを発見しましたので、今回はそれを使用しています)

当店のあずきアイピローは、カバーと内袋が別になっています。
万が一アイピローが濡れてしまうと、あずきの色がカバーににじみ出てしまうので、まずはカバーを外しましょう。

内袋をジップロックに入れます。
※本当は大きめサイズの袋が欲しかったのですが、近所のダイソーには小さいサイズ(M)しかなくアイピローを半分に折り曲げて入れています。大きめサイズのジップロックをご用意できるのであれば、折り曲げずに入れていただいた方が温まりやすいです!

温めておいた蒸し器に投入!
フタをして5~6分蒸します。

蒸し終わったら、火傷をしないように気を付けて内袋を蒸し器から取り出し、カバーを装着したら出来上がり!

カバーは温まっていないので、目の上に乗せてすぐは温かさがわかりにくいですが30秒もすればジワ~っとあずきの温かさが伝わってきて電子レンジで温めるのと全く同様にホットアイピローをお楽しみいただけます。

電子レンジ以外であずきアイピローを温める方法

*用意するもの*
・蒸し器
・ジップロック(耐熱温度100度以上)
・あずきアイピロー

*温め方*
あずきアイピローの内袋をジップロックに入れ、温めておいた蒸し器で5~6分蒸す。
温まったら内袋をカバーに入れて完成!

*注意事項*
火傷の恐れがありますので、くれぐれも温めすぎにはご注意ください。

是非、試してみてくださいね✨✨✨

今回使用したのは、
オーガニックコットンのダブルガーゼを使用したあずきアイピローorganic007<blue>
ただいま3色展開で販売中💕

Zuci Handicraft公式オンラインショップ

北海道産あずきと良質なドライハーブ・天然素材の生地を使用した、ナチュラルでカラフルな手作りあずきアイピロー&カイロのお店。